Amplify

Nuxt.jsで作ったページをWeb Components化してAmplifyで公開する

Web Componentsとは Web Componentsとは、独自にカスタムしたHTML要素をカプセル化して、再利用可能にする技術です。Vue.jsなどのJSフレームワークでは一般的なコンポーネントのようなものをイメージすると...
Amplify

Nuxt.js + Amplifyで公開するサーバーレスアプリケーション

 Nuxt.jsで作成したWebアプリを、Amplifyを利用してAWSで公開する手順を記録します。 前準備 まずはAmplifyを利用する準備をします。下記のコマンドを実行します。 $ npm install -g @...
Flutter

Flutterのインストールで「Android license status unknown」が出た時の解決方法

Flutterのインストール確認をした時に、「Android license status unknown」というエラーが出たので解決方法のメモです。 発生したエラー flutter doctorを実行した時に以下のエラーが出...
Python

Pythonで統計学4 データの特徴を視覚的に捉える 〜度数分布表とヒストグラム〜

今回から、統計学にて、データ分布を視覚的に捉える方法と、それをPythonで実装する方法について解説します。具体的には、度数分布表やヒストグラムと言った表やグラフで表現します。また、Pythonで度数分布表やヒストグラムを表示するために、...
Django

PythonのWebアプリフレームワーク Django はじめの一歩

Djangoとは Djangoとは、PythonでWebアプリケーションを開発するためのフレームワークです。Pythonは機械学習やAIの分野で採用されることが多く、その辺りのライブラリが充実しています。そのため、Djangoを採用...
AI

新語や人名に対応したWord2Vecモデルを作成する

今回は、比較的新しい言葉や、有名人の名前に対応したWord2Vecモデルを作成する方法について説明します。 先日投稿した記事、「pythonでword2vecを使ってテキスト処理をしてみよう」で、Word2Vecモデルの作成方法につ...
AI

PythonでWord2Vecを使ってテキスト処理をしてみよう

Word2Vecとは、Googleの研究者が考案し、Googleから公開されているテキスト処理を行うための技術です。具体的には、文書郡(コーパス)を入力にして、単語をベクトル形式で表現するためのモデルのグループのことを指します。Word2...
Python

Pythonで統計学3 データの数値的尺度 〜散らばりの尺度〜

今回は、データ分布において、それぞれの値がどの程度散らばっているかを表す尺度について解説します。統計学の考え方と並行して、Pythonで計算する方法も説明していきます。 散らばりの尺度 統計学において散らばりの尺度として用いら...
Python

Pythonで統計学2 データの数値的尺度 〜分布の歪み〜

前回は、統計学における中心の尺度として、「平均」、「中央値」、「最頻値」について説明しました。今回は、この3つの値から読み取れるデータ分布の特徴について説明します。また、前回説明したPythonのグラフ描画ライブラリ「matplotlib...
Python

Pythonで統計学1 データの数値的尺度 〜中心の尺度〜

データの分布を表す様々な数値的尺度と、それらからどのようにデータの特徴を見出すかについて説明します。また、データの特徴を理解しやすくするために、pythonを使ってグラフで可視化する方法についても説明します。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました